神事表(年中行事)

神事表 

 1月    1日   元旦祭
 2月  節分の日   節分祭(厄除祈願)
 2月   11日   建国記念祭
 2月(初午)     稲荷祭
 3月もしくは4月   祈年祭(春祭)
 6月 下 旬     田植奉告祭
 6月   30日   夏越大祓
 7月(土用入りの日) 土用祭
 8月   18日   養水祭 ( 水に感謝するお祭 )
10月9日・10日   宵宮祭(だんぢりのお祓)・御例祭(大祭)
(毎年土日で実施)
11月   23日   新嘗祭(新穀感謝祭)
12月 中 旬 〜   宅神祭
12月   31日   年末大祓
12月   31日   除夜祭






○1月1日 元旦祭


 新年の始まりにあたり、新年を迎えさせて戴いたことを感謝し、一年間の日本国や世界、また地域の安全繁栄と農作物の豊作、氏子崇敬者の家内安全、商売繁盛などを祈願するお祭です。町会長、氏子総代、宮座座老、氏子世話人のほか町会役員、各団体役員が勢ぞろいします。









○2月3日 節分祭


 立春の前日 冬から春に移り変わる節目を大切にし、厄を祓い、心身を清めて新しい春を迎えるための行事です。社頭で配布する人形を神前に納めお祓いをします。また厄除祈願を受付いたします。










○2月11日 建国記念祭


 建国をしのび国を愛する心をやしなう日である建国記念日に肇国神社(神武天皇社)の例祭として宮司一人奉仕により行っています。











○2月初午 稲荷祭


 稲荷神社の例祭として宮座主催で古くから行われてきました。厄年の人が神社に納めた御餅で餅撒きをした時代もありました。農作物の豊作と商工業の繁栄を祈願するお祭です。










○3月もしくは4月 祈年祭(春祭)


 古くから国家的に行われてきたお祭で、年のはじめにあたって穀物の豊穣を祈ると共に国家の安泰を祈願するお祭です。氏子総代・宮座座老・氏子世話人が参列します。









○6月下旬 田植奉告祭


 田植えが無事に終わったことを神前に奉告し、豊作を祈願するお祭です。水利組合が主催し、組合の役員が参列します。











○6月30日 夏越大祓


 健康を害しやすい夏の季節を迎えるにあたり、半年間の心身の穢れを祓い清め、健康で夏を越せるように祈願するために行います。氏子に人形を配布し、お祓いを受付け、奉修いたします。お祓いを受けられた方には御札と茅の輪守を授与。









○7月土用入りの日 土用入祭


 午前中土生滝の意賀美神社で行われる三社による祭典に宮司と水利組合代表一名参列の後、午後より当社の土用入祭を行い、夏の風水害による作物の被害などないように祈願し、豊作を祈ります。水利組合の役員が参列します。










○8月18日 養水祭


 かつて諸兄堰をめぐる水の争いが絶えない時代がありました。裁判にまで発展しましたが、大正二年八月十八日その年は特に旱が続いていたため、諸兄堰で阿間河滝の人々との間に争いごとが起き、当村の数名の者が逮捕されるまでに至りました。その先人のご苦労を偲び、感謝すると共に水の恵みに感謝し、近隣の村との共存共栄を祈願して、毎年事件の起きた八月十八日に氏子総代と水利組合の役員が参列して行われています。合わせて明治十三年六月二十五日濁り池の樋の中で命を落とした池内兵造の慰霊も行っています。


養水祭の由来を記す拝殿の額




水に感謝するお祭


 土生町一帯はかつて田畑が広がる豊かな農村地帯でした。農村にとって何よりも大切なものは水の確保であり、当社の横を今も流れる紅葉川は土生の最も重要な農業用水路です。時には近隣の村と水をめぐる争いも起こり、昔の人の生活には水は命と同じぐらい大切なものでした。旱魃の年は大変なご苦労がありました。
 例年水利組合の主催により六月下旬田植奉告祭、八月十八日養水祭が行われます。これらのお祭は、水や天の恵みに感謝し、豊作を祈願するお祭です。水を大切にし、天の恵みに感謝する生活を営んできた地域の先人の思いがいっぱい込められたお祭と言えるでしょう。
 物があふれ、感謝する心を忘れて生活している現在の私達の暮らしに欠けている大切なことをこれらのお祭は教えてくれます。私達の暮らしを振り返り、お祭に込められた先人の願いと知恵に学びましょう。











○10月10日 例祭(大祭) ※実施は,体育の日
                前日の日曜(土曜日が宵宮)


 当社で最も重要な大祭である例祭です。日々氏子をお守りして戴いている氏神様に感謝し、今後も変わることなく安心して豊かに暮らしていくことが出来るように祈願して行います。氏子よりは氏神様の大御心をなごめるため地車(だんじり)が引き出され、宮入りします。地車の試験引きの前には梃子祭、また宵宮の引き出し前である午前五時に曳行安全祈願祭を行います。例祭の大祭式には町会長、氏子総代、宮座座老、氏子世話人、町会役員、各団体役員など勢ぞろいし、厳かに執り行われます。








○11月23日 新嘗祭


 新穀の実りに感謝して農事実行組合主催により行われます。神前に氏子が収穫した新穀がお供えされ、宮司に続いて実行組合長の祝詞奏上があります。氏子総代・宮座座老・氏子世話人が参列します。










○12月中旬〜 宅神祭


 新年を迎えるにあたり、氏子各家をまわり神棚をお祓いし、新しい御札をお祀りします。現在は二百軒余りの家を四日間に分けて氏子総代同行して行っています。新規でご希望される家も受け付けております。


平成18年の宅神祭のご案内(12月15日、17日、19日、21日)







○12月31日 年末大祓


 一年間の心身の穢れを祓い、新しい年を清らかに迎えるために行います。氏子に人形を配布し、お祓いを受付、奉修いたします。お祓いを受けられた方には御札と茅の輪守を授与。










○12月31日 除夜祭


 一年の締めくくり、一年間お守り戴いた事に感謝して行います。