土生のだんじり


わが町の誇り・土生町のだんじり




 土生町には大正初期まで北、南、新田の三台の小型だんじりがあった。その後大正六年江戸末期から明治初期に製作された下野町のだんじりを購入、現在のだんじりを昭和31年に製作して、別所町に売却するまで曳行された。現在のだんじりは田端元一が岸和田で手がけた唯一のだんじり。彫刻は木下舜次郎で土生神社の拝殿など土生町内で彫刻作業は行った。正面土呂幕の「武蔵坊弁慶 藤原泰衝の血戦」は木下舜次郎の秀作。この時だんじり製作と同時に小屋を土生神社境内に移し、神社の裏参道や鳥居が設けられた。昭和55年、平成5年、池内工務店により大修理。平成14年大下工務店にて大修理。現在に至る。

















     主な彫刻 見送り 大坂夏の陣








    土呂幕 正面
    武蔵坊弁慶 藤原泰衝の血戦


                               右面 福島市松 廃郷五左衛門討取
                               左面 加藤孫六 浅井吉兵衛討取