HOME
友の会について
友の会のご案内
例会報告
お知らせ

鎮守の森地域交流会「地域で子供を育てる」を開催

平成19年2月10日(土)
土生神社社務所で開かれた 「小さな友の会」

土生神社で鎮守の森・地域交流会「地域で子供を育てる」開催しました。


当日は講師のお話のほか、活動の一環を紹介する自宅での助産婦による出産の様子を映した映像を見せて戴き、命が生まれる瞬間の感動を忘れて機械的に処理されている現代の出産について考えさせられました。


新井一令さんが代表をつとめるたまごママネットのホームページに書いておられる一文をご紹介させて戴きます。


ベビー用品について
赤ちゃん用品の中には不必要なもの、あることで育児不安がますものもがたくさんあります。
たとえばベビーベッドはいりません。
赤ちゃんのためには、日本古来の「川の字」でふとんで赤ちゃんと一緒に寝るのが一番いいです。ベビーベッドは母子の分離になり、赤ちゃんがお母さんを求めても、反応しにくく、お母さんを感じたり匂いがしないので不安になります。
 早い時期からのベビーカーも必要ありません。赤ちゃんはお母さんと肌を触れあうことで愛着がわき母子の絆が育まれます。
たくさん「抱いて」あげてください。
 よく泣く赤ちゃんはベビースリングが効果的ですよ。
ベビースケールは必要ありません。赤ちゃんの体重を計ることで母乳の出や体重増加が気になりときとして不安になります。

衣料品などは、できるだけ友人などからリサイクル していただくといいです。新しいものより洗濯されることで柔軟性がでて肌にやさしくなっています。ただし、合成洗剤で肌着などの衣類の洗濯はやめましょう。コットン100%の肌着にしてあげてね。
産後から3ヶ月頃までは、赤ちゃんとのコミュニケーションがうまくとれず育児に不安になります。だれもが不安になります。不安になったら一人で抱え込まないで助けを呼んで下さい。あなたをサポートしてくれるところがたくさんあります。初めての子育ては誰もが不安です。
保健所や役所に連絡をするか、たまごママネットにメールしてください。応援させていただきます。私達に出来なければ他の機関を紹介します。
いっしょに子育てを楽しみましょう。  新井一令








△TOP  △HOME                                  *
土生神社
氏神様と氏子地域のホームページ